苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

花の種類によって、育てやすいものと育てるのが難しいものがあります。

検索フォーム
人気記事
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

花の種類によって、育てやすいものと育てるのが難しいものがあります

39歳 男性

花の種類によって、育てやすいものと育てるのが難しいものがあります。多少難しくても、立派な花を咲かせる種類に挑戦をしたいという気持ちも、もちろんあります。
しかし、その維持や管理を毎日継続してできるかというと、とても自信がなく、入門的な花を咲かせるにとどまってしまうことが多くあります。
花を育てるにあたって、球根ならさほど失敗しないだろうという思いがあります。種から発芽させるのには花になるまでに時間がかかりますし、うまく花が咲くのはその一部に限られたりします。また、あまりしっかりと根を張っていない苗だと、植え付けがうまくいかないというリスクもあります。その点、球根なら土に埋めて水をやるだけで、よほど時期を誤らなければ失敗はほぼないと思っています。

しかし、そんな球根から育てるからこそ、ほとんど手をかけなくなってしまいます。か弱い花だと成長がとても気になるものですが、球根からなら勝手に育ってくれるというような油断がでてしまいます。そんな油断が手入れを不十分にさせてしまい、ユリなどの球根からの花を咲かせることができないことがあります。

オススメサイト

Copyright (C)2017苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード.All rights reserved.