苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

花は育てるより枯らす方が得意な私ですが、子どもが小学校に入学して、学校でも育てるようになったこともあり、自宅で花を育てることにしました。

検索フォーム
人気記事
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

花は育てるより枯らす方が得意な私ですが

35歳 女性

花は育てるより枯らす方が得意な私ですが、子どもが小学校に入学して、学校でも育てるようになったこともあり、自宅で花を育てることにしました。
ホームセンターでプランターと栽培用の土を買って、最初はハードルを低くするために朝顔の苗を買って植えました。
苗からですから、あとはネットを張り、毎日こまめに水やりをするだけです。
結果、去年は立派な朝顔のグリーンカーテンを作ることが出来ました。

これに気を良くした私は、今年の夏はひまわりにチャレンジすることにしました。
やっぱり種からは難しいと思って、少し高いですが苗を買ってきました。
うまい具合に根付いて、少し成長してきました。
その頃ちょうど私の妊娠が分かり、悪阻のせいでひまわりどころじゃなくなってしまいました。
水やりはすっかり子ども任せです。

でも、子どもはまだ低学年ですし、さぼりさぼり水やりをしていたようです。
気づくと、もう枯れていました。

残念、今年はプランターには何も咲かないと思っていた夏休みの終わりごろ。あまり水やりもしないプランターにたくましく芽を伸ばし始めた植物があります。どんどんそれは育っていき、9月になって花が咲きました。
そう、それは去年植えていた朝顔です。
同じプランターだったので、プランターの中に落ちたタネが、ちょっとの水やりでたくましく育ったようでした。
というわけで、今年のプランターも結局朝顔になってしまいました。
来年こそはひまわりを咲かせたいなと思っている私でした。
Copyright (C)2017苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード.All rights reserved.