苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

植物を育てるには、根気と愛情、細かい気遣いなどが必要です。

検索フォーム
人気記事
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

植物を育てるには、根気と愛情、細かい気遣いなどが必要です

36歳 男性

植物を育てるには、根気と愛情、細かい気遣いなどが必要です。
私は子供の頃から食べられる果物がなる木や野菜を育ててきたことがあり、その流れで球根から花を育てることがありました。

しかし、抱いていたイメージとだいぶ違い、球根から花を育てるのは並大抵の苦労ではなかったのです。

ヒヤシンスを育てていましたが、思うように花が咲かず、水をやりすぎて球根が腐ってしまったのです。
この時は泣く泣く球根を処分しましたが、肥料や水のやりすぎは球根にとってダメージになるとわかりました。
この教訓を踏まえて何度か挑戦し、今はようやく人に見せられる花が球根から育てられるまでになったわけです。
苦労をすると、人間はいろいろと知識を得ます。
苗から野菜を育てるのもけっこう大変で、10植えたら3割は病気や栄養不足、栄養過多などで枯れてしまいます。農家の人たちはこうした経験を何度もして、毎年同じだけの野菜を作れるようにしているのだと、失敗してみて感じました。
いまや私の庭は野菜や花であふれており、昔のように枯れた花だらけ、ということはありません。このようなきれいな庭を手に入れるまでには5年の歳月がかかりましたが、それでも苦労してよかったと考えています。

オススメサイト

Copyright (C)2017苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード.All rights reserved.