苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

球根との初めての出会いについて記憶をたどってみますと、どうやら幼稚園時代にやったヒヤシンスの水栽培を思い出します。

検索フォーム
人気記事
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

球根との初めての出会いについて記憶をたどってみますと

44歳 男性

球根との初めての出会いについて記憶をたどってみますと、どうやら幼稚園時代にやったヒヤシンスの水栽培を思い出します。その時はさしたる失敗も無かったと思いますが、記憶に新しい失敗と言えば花の球根ではなく、野菜の球根で大失敗をしました。

球根の野菜と言えば玉葱って事になるでしょうが、家で余って古くなった玉葱とジャガイモを庭に埋めて育てて収穫出来るかどうか、実験的に、しかし期待を込めてやってみた事があります。その頃の私にはガーデニングや家庭菜園の知識も無く、種や球根を植えてさえいれば花も咲くだろうし、実もなることだろう位に思っていました。

そもそもですが、小中学校の理科の授業で習ったところによると、植物っていうのは太陽をエネルギーと水と二酸化炭素から澱粉や酸素を生み出すって思ってまして、呼吸の為の酸素と適度な温度は必要でも、それ以外の要素は全く不要と思っていたのです。

結果として、肥料なぞは一切与えず、それでも途中までは玉葱もジャガイモも育ってましたよ。
しかし、枯れた頃に掘り出してみますと、何とも小さな玉葱、そしてジャガイモ。あの瞬間の失敗感は例えようがありません。この事は恥ずかしいので、あまり友人にも話していない体験談です。

オススメサイト

Copyright (C)2017苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード.All rights reserved.