苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

子供の頃、父がいきなり「ガーデニングをするんだ」と言って、ガレージのコンクリートの一部を割りはじめました。

検索フォーム
人気記事
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード
苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード

子供の頃、父がいきなり「ガーデニングをするんだ」と言って

45歳 女性

子供の頃、父がいきなり「ガーデニングをするんだ」と言って、ガレージのコンクリートの一部を割りはじめました。
まだ子供だった私と双子の姉は、土いじりなど好きでなかったにもかかわらず、父に付き合ってやりはじめ、ミミズにも慣れっこになってしまいました。

そんな土づくりが数日続き、ついにトマト、キュウリ、ナスの苗を植えることになりました。
植える作業はさすがに子供にはむずかしいと思ったのか、父が植えて土をかぶせ、私たち姉妹はそれをとんとんとならしていく係をやりました。
その後、みんなで水撒きをし、完成です。

しばらくしてきゅうりが花を咲かせはじめ、トマトもいくつか出来ました。
実を大きくしたキュウリがトゲトゲしてイタイということを、この時初めて知りました。
収穫の喜びも、この時に味わったのだと思います。けれど、残念だったのはナスでした。
待てど暮らせど花が咲かず、キュウリやトマトに比べると明らかに元気がないのです。
苗に問題があったのか、植え方がまずかったのかわかりませんが、結局は一個も収穫できませんでした。

オススメサイト

Copyright (C)2017苗・球根から育てて失敗してしまったエピソード.All rights reserved.